Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
知念くんとその仲間たち♪
3年目もガンバレッツゴー☆
ご訪問ありがとうございます♪                            現在の閲覧者数:
最新検索キーワード♪
要チェック☆
こんなブログです☆
blogram投票ボタン
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今日から19歳!!!
知念侑李くん お誕生日おめでとう

18歳の知念くんは・・・いろいろと初めてづくしの1年だったね。

去年のお誕生日は、ベストアーティストの生放送だったっけ・・・アイドル☆知念侑李が誕生して、初めて自分のお誕生日にステージに立ったあの日・・・会場にいるファンだけでなく、テレビの前のファンにも最高の笑顔とパフォーマンスを披露して、私達を喜ばせてくれたよね。素敵な18歳のスタートでした

年末は、初めてのカウントダウンコンサートだったね。ジャニヲタである知念くん・・・念願だったカウコンの出演は、紅白歌合戦からカウントダウンという強行スケジュールにも関わらず、疲れも吹き飛ばすハイテンションだったようで・・・笑。

東京ドームに行けなかった私は、モニターに映る嵐を観ながら自分がステージにいることも忘れて自担をガン見する貴重な「生☆智担」の楽しそうな姿を想像して、「やっぱり行きたかった・・・泣」と、ひどく落ち込んでいたように記憶しています(笑)。

でもね、今日の帝劇参戦を悩んで悩んで「やっぱり今年は行くべきではない!」と自ら判断して、喜んで頂ける方に今日のチケットをお譲りできた私は、あの頃に比べたらファンとして随分成長したんじゃないかな・・・もうお留守番で落ち込むようなことはなくなったもん。

知念くん!褒めて!!←甘えてます(笑)

新年の横アリ公演、そして、スパデリ祭り到来で、JUMPのメンバーとしても大忙しのなか(←てか、NYCのワンキューもあったよね・・・あの曲の記憶・・・薄!)、久しぶりの連ドラ出演で知念担は沸きに沸きました!

山下さんの弟だなんてー!!! ←大喜び☆

「エンプラ」は、初めてJUMPのみんなから1人だけ離れて挑んだドラマ出演だったよね。

知念くんの人見知り、緊張しぃが浮彫りになった撮影現場でのエピソード(笑)。

まぁ、知念担としては想定内だったけど(←だよね?!)、慣れない現場ではこんなにモジモジしてしまう人間だったんだと、予想以上の緊張感に一番驚いていたのは、他ならぬ、知念くん本人だったかもしれないね・・・笑。

いつも大好きなメンバーに囲まれて、ありのままの自分を認めてくれて、可愛がられて、愛されて・・・

そして、どんな時も自分の隣りには山ちゃんがいてくれて・・・全力で守ってくれて、愛しさダダ漏れの熱い視線を送ってくれて、遊びにも連れて行ってくれて、ご飯もおごってくれて、一緒に寝てくれて・・・ (←久々のゆりすけ!軽く暴走、笑)

「僕は幸せだったんだなぁ!」と、改めてJUMPやNYCの時の居心地の良さを実感したんじゃないかな?

知念くんは今後もますます増えるであろう単独のお仕事のために、早く人見知りを克服したいと思っているかもしれないけれど・・・私は、そんなハニカミ知念くんを見て、いつも以上に、可愛くて、愛しくて・・・何度も悶え死にそうになっちゃったよ!笑!

うん・・・知念担は「人見知り知念さん」が大好きな人、多いと思う・・・あくまでも私の個人的見解だけど

井原隼人くん大好きだった!とっても幸せな3ヶ月だった!!!

そして、忘れてはならない高校卒業

いよいよ社会人デビューですよ!初めての朝寝坊!初めての夜更かし!(←子供か!笑)

4月になって・・・お仕事だけでなくプライベートでも、初めての経験がたくさんあったんじゃないかなぁ!GWの横アリ公演で知念くんを見た時・・・すっごく大人になったなぁ!って、感慨深かったもん。

個人的に、めちゃめちゃ幸せな2泊3日の遠征だったから、私の中では、あのアジアツアー@横アリが18歳の知念くんとの一番の思い出

ホント・・・最高の3日間だった
知念くん、JUMPくん、ヲ友の皆様、本当にありがとう

JUMP初の海外ツアーは、延期やら中止やら、すったもんだありましたが・・・なんとか無事に(←と言っていいのか?)海外のファンとも楽しい時間を過ごすことができて、知念くんにとっても貴重な体験や感動がいっぱい詰まった夏だったよね!

待望のHey!Say!JUMP 2ndアルバム「JUMP WORLD」も発売されて、知念ヴァンパイアに萌え苦しんだかと思えば、黄色いハッピにねじりハチマキで盆踊りをレクチャーしてくれたり・・・笑!

とにかく、18歳の知念くんはステージ上でもいろんな表情を見せて私達を楽しませてくれたよね!

そして、そして・・・

そんな華やかな全国ツアーの真っ最中、同時進行で撮影されたドラマ「スプラウト」

このお仕事も、本当に初めてづくしだったよね!

初!単独主演ドラマ! 初!恋愛ドラマ!
初!キ・・・シーン・・・泣。 (←いまだに言いたくない人)

先日発売されたDVD-BOX「スプラウト」の特典映像のメイキングを観て・・・他のジャニメンと仲良くなれたこと、先輩として、主演として、しっかり自分の役目を果たしたこと、とにかくサッカーが上手かったこと(←これ、今必要?)・・・とっても伝わってきました。

本人も語っていたように、きっとこのドラマを通して、たくさんのことを学んだと思うし、自信にもなったと思う。この経験は、これからの知念くんのお仕事に活かされていくんだろうな・・・今は素直にそう思う。お疲れさまって心から言いたい。

でも、私もこのドラマを通して、わかったことがあるよ。

やっぱり私は、好きな人のラブシーンは観たくない。

もちろん、これは立派なお仕事だし、楽しんで観ている人もたくさんいると思うから、チャンスがあれば、これからも「恋する男」にどんどん挑戦すべきなのかもしれない。俳優としても歌手としても・・・こうした経験をたくさん積むことで、演技力や表現力が磨かれていくのかもしれない。

でもねぇ・・・やっぱり目を逸らしたくなっちゃうのよね(泣)。

私の友達の山P担は、山下さんのラブシーンが大好きです。キスする瞬間の彼の表情や仕草を観て、相手役の女優さんを自分に置き換えて楽しめるから、何度も何度もリピして(時には、一時停止して、笑)、とことん萌えまくるらしいです。

でも私は、そういうタイプのファンではなかったみたい・・・。

私は、ハードなダンスを踊って汗を流している姿やメンバーと一緒にいて素の表情を浮かべている知念くんに猛烈な萌えを感じて、そこからオリジナルな妄想を膨らますのが好きなので、生々しい映像は苦手なんだよね・・・泣。(←聞いてません)

だから「スプラウト」の本編も、ジェシーといるシーンやサッカー部のシーンは好きだけど、やっぱり女の子との絡みのシーンは、いまだにあまり観たいとは思わないの・・・ゴメンね、知念くん・・・こればっかりは譲れません。(←どうでもいい自己主張)

これからも、ドラマや映画にはどんどん出演してほしいけれど、刑事ものとか推理ものとか、先生でもお医者さんでもシェフでもスポーツマンでもフリーターでもお侍さんでも何でもいいから・・・(←ホントに何でもいいらしい、笑)、あまり恋愛とは関係のないドラマの方が、私は手放しで喜べるかもしれない。

まぁ、今回のドラマはカメラアングルや背景がとても美しかったので、永遠に残しておきたい知念くんのソロショットやドアップがたくさんあったのは、とても良かったよね・・・いつか時間があったら、18歳の知念くんの思い出アルバムとして「楢橋草平☆ベストショット」を探し出してみようかと密かに企んでいます。(←結局、楽しむつもり

あ・・・そういえば、ジョイポリスのNYCはどうなったんだっけ?
もうすぐ第2弾が始まるのかな?

結局、私はお台場へは行けなかったので、このお仕事に関しては全然わからなかったなぁ!
いつかNYCのDVDに特典映像として入れてくれたら嬉しいな・・・

たかちねのフランス旅も関東ローカルなので、まだ最初の3回分しか観てないんだけど・・・でも、あれはイイ!最高!!旅のドキュメンタリーなんて・・・しかも、メンバーと一緒だなんて・・・まだ海外慣れしていない18歳の知念くんの素顔が壮大な景色と共に堪能できる超貴重映像おそらく、これまでの山下さん、北山くんに続いて、この番組もDVD化されると思うから、発売が本当に楽しみ♪♪♪

やぶひかとのガチャポントークは、未公開映像含めて、それだけでDVD1枚ヨロシク!
そしたら、高木&知念担以外のJUMP担もみんな買うと思うからー!!!

さて・・・もうすぐ知念くんのお誕生日が終わります。

先ほど、今日のジャニワに参戦したヲ友達からお電話を頂いて、今日の知念くんの様子を聞きました。山爺が知念くんのお誕生日に触れてくれたみたいで・・・(←さすが!知念溺愛同盟☆名誉会長!)

最後の挨拶の時には、知念くん、嬉しそうにフワフワした表情を浮かべて、ファンのみんなにお礼を言っていたみたいだね!

ジャニーさんのギネス記録記念公演である「JOHNNYS' World」

これこそ、知念くん、初めての帝国劇場出演、初めてのJUMP座長公演、初めての3ヶ月ロングラン・・・初めてづくしの18歳がこの1年で大きな成長を遂げ、ジャニーズの集大成とも言える素晴らしい舞台の上で、キラキラと輝いている・・・大好きなメンバーや共演者やファンの皆さんに囲まれて・・・今日、最高の19歳のお誕生日を迎える・・・まさしく、彼にふさわしい新たな1年のスタートが切れたんじゃないかな

いよいよ10代最後の1年だもんね!

悔いのないように・・・夢に向かって、全力で走り続けてほしい!

そして、その姿を・・・これからも、ずっとずっと見守らせて下さい

いつも本当にありがとう

知念くんは私の心の支えです たった1つの太陽です

これからも末永く・・・ヨロシクね

お誕生日おめでとう!!!
posted by: ☆ゆう☆ | 記念日☆誕生日 | 23:59 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
I'm all yours!
| u4fifa.com | 2016/08/18 7:23 AM |
Wow, that’s what I was seeking for, what a material! present here at this webpage, thanks admin of this web site.
| Alva | 2015/04/24 4:21 PM |
Hey, buddy, I’ve not discovered the way to subscribe
| Elijah | 2015/04/18 5:22 PM |
I can’t subscribe to your channel
| Shaun | 2015/02/12 5:31 PM |
Thank you very much for sharing your thoughts! You’re right it does take some time to notice things to compliment on but it really is worth the effort!
| Lon | 2014/08/15 6:59 PM |
What’s up, just wanted to tell you, I loved this article. It was funny. Keep on posting!
| Lee | 2014/06/29 8:14 PM |
ゆうさん!涙

すみません!いま初めてTLでゆうさんがブログ更新してたのを知って…涙

あ…、
なんだか涙でてきました(;∀;)←

ゆうさんのご家庭事情もゆうさんの性格(?)も僅かながら知っていたので
ずっと更新やTLがなくなったときにこちらからはしない方がいいかなぁ〜って思ってました。

ブログ書いてくださってありがとうございます(感動)
ゆうさんいないと私もブログを書く原動力が不足してて…。
萌えが…
いちばん共感していただいていたので…なんだか独り歩きな言葉がたくさんある気がして…

だから結局いまになっても19歳のゆーりくんのお誕生日記事書けてません…そんな自分もいやで…。だけど言葉が出てこないんですよね、今年は…´ω`

でもゆうさんのゆーりくんのお誕生日記事読んでなんだか書きたくなってきました。(;∀;)

ゆうさんがまだ知念くん好きでよかった〜涙

あ、なんだかだらだら書いてしまってごめんなさい!感情が溢れましたw

またゆうさんが戻ってくるまで待ってますね^^
最近はTLも疲れたのでw←JWレポがありすぎて…
ブログにシフトして待ってます^^

では知念くんおめでとうー!←

| ゆっきー | 2012/12/03 12:43 AM |

ゆうさん☆
お帰りなさい(^o^)
ずっと待ってたよ。 きっと知念くんのお誕生日にはここに帰ってきてくれると思ってた(^O^)v

?を何度もしようと思って「きっと迷惑だろうなぁ」とか色々考えちゃって…?

こちらに毎日アクセスしてはため息ついちゃって…でも大好きな知念くんのお誕生日?にまたゆうさん☆の言葉が聞けて本当に嬉しいよ(泣)

今年の知念くんは成長の1年だったと思います。まだまだ大人になってほしくないって言う想いもあるけど大人になった知念くんも見てみたい気持もそれ以上にある面倒くさい私です。

19歳の知念くんはどんなチャレンジをしてどんな変化をみせてくれるか楽しみだね?



| みぃ子☆ | 2012/12/02 9:05 PM |
知念くんお誕生日おめでとうございます。
色んな引き出しを持っていそうだなぁという印象通り様々な姿を見せてくれた感じに思えました。まだまだその引き出しが沢山詰まっていそうですごく楽しみです(*^^*)知念くんにとって充実した19歳になりますように☆

| 鈴 | 2012/12/01 12:10 AM |









この記事のトラックバックURL
http://yurigautyuiti.jugem.jp/trackback/642
トラックバック